【照明デザイン事例】和田珍味(島根)店舗・カフェ ライティングデザイン

島根県太田市で海鮮珍味製造販売を約100年続けている「和田珍味」の店舗とカフェの照明デザインを担当させていただきました。

照明デザインについて

光のデザインは、その行動目的に沿った、光のエリア分けをしています。
一つはショップエリアでの「動」の光。
もう一つはカフェエリアで、目の前の海をじんわりと感じられる「静」の光です。
ショップエリアは既存照明を活かしながら色温度を調整、入口から大きな視覚面積を占めるカウンターエリアには、間接照明とタスクの光で構成したメリハリを感じられる光の演出としています。
カフェエリアは目の前に広がる「海」をしっかり感じられるように、なるべく光の雑音が入らない工夫を施しています。
天井にはダウンライトなど眩しさを感じる光は設けず、背中越しの天井に広がる間接照明と手元のタスク照明のみで演出しています。
目線に入るグレアを軽減することで、窓越しの広がる海に意識を集中しやすいように光のデザインをおこなっています。

LEDランタン

カフェカウンターに転載させているキャンドルライトはディクラッセのLEDランタン。
炎の光に近い、色温度の低いLEDを採用しており、ゆったりと安らぐ空気感を作ってくれます。天気の良い日にはデッキに並べて外の雰囲気を楽しんで頂くための演出として提案しました。ソーラー充電方式で防滴仕様なのでアウトドアでも安心です。
ベース照明器具:コイズミ照明/ダウンライト等
       :遠藤照明/ダウンユニバーサル等
間接照明器具:DNライティング/テープライト等
ショーケース照明器具: DNライティング/ディスプレイライト等
厨房照明:大光電機/LEDフードライト
意匠照明器具:日吉屋/古都里-kotori-
ソーラーランタン:ディクラッセ/ LED ソーラーランタン

和田珍味

和田珍味の本店はスサノオが息子イソタケルと新羅國に天下った後埴土船に乗って上陸した地と言い伝えられる「神島」を一望する場所にあります。
神島の沖合いで行われている、ふぐの延縄漁から、地元の珍味として、ふぐの加工が始まったそうです。
グラフィック・ロゴデザイン:パレットデザイン/福原奈津子
設計デザイン:佐久間圭介
照明計画:長根寛
ディスプレイコーディネート:田村実智
ブックコーディネート&竣工写真:佐藤潮