【照明デザイン事例】日本語学校における照明デザイン

日本語学校の照明デザイン

日本語学校の新校舎建設に伴い、照明デザインを担当させていただきました。

 

新校舎は隣接した首都高の影となり、裏通りという条件も重なって薄暗く活気のない雰囲気でした。

日本語学校は海外から来る方々が日本で初めて通うところなので、安心感を持って通学していただきたいという思いから、ファザードはみた目の明るさを感じるブラケットやシーリングライトを多用し、華やかで活動的な雰囲気を作り出しました。
地下鉄の出口から振り返ってすぐにファサードを感じられるようになっています。

 

日本語学校の照明デザイン

 

風除室からエントランスホールにかけては、進行方向から見える壁面に壁を撫でるような光のコーニス照明を施し、しっとりとした明るさで安心感を得られる演出としています。

 

日本語学校の照明デザイン

 

ホールは、入学式・卒業式・終了式などの式典、会議やセミナー、パーティなど幅広い利用が想定されていました。
そのため、ホールの利用シーンに相応しい雰囲気を演出できるよう、ボタン一つで灯りを切り替えられるシーン設定コントローラーを採用しました。

華やかな明るいシーン、演者だけに光が当たるシーン、プロジェクターの映像をしっかり確認できるセミナーのシーンなど、5つのシーンに切り替えられます。

 

日本語学校の照明デザイン

 

ホールには華やかさを演出するため、オブジェライト『KUMO』を採用しました。

昼間は窓から入る太陽光がオーガンジーのシェードに当たり、晴れ間に浮かぶ雲のような表情を見せます。
夜は電球の光を拾って、夕焼けに染まった雲のようになります。
一日の空の移り変わりを感じられる照明です。

『KUMO』は通常はLEDのボール球のため調光はできませんが、今回は4万時間のパナソニックの調光ランプを使用しています。

 

 

▼オブジェライト『KUMO』はこちらから購入できます。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/medetel-store/kumo.html

 

アン・ランゲージ・スクール(池袋校) URL:https://anschool.net/
ライティングデザイン:東京デザインパーティー 長根 寛   URL: http://www.designparty.net